文字サイズ

指原感激!HKT後輩じゃんけん大会優勝 メジャーデビューの権利ゲット

 優勝したfairy w!nkの運上弘菜(左)、荒巻美咲と会場を盛り上げる指原莉乃(右)=日本ガイシホール(撮影・田中太一)
 Cブロック1回戦に登場した、サンコン。(左から)柏木由紀、峯岸みなみ、指原莉乃=日本ガイシホール(撮影・田中太一)
2枚2枚

 アイドルグループ・AKB48の恒例イベント「第8回じゃんけん大会」が24日、名古屋市の日本ガイシホールで行われ、HKT48の荒巻美咲(16)と運上弘菜(19)のユニット「fairy w!nk」が優勝。12月13日に発売されるシングル(タイトル未定)でのメジャーデビューの権利を手にした。HKT48は、選抜総選挙の指原莉乃(24)に続く“2冠”を獲得。その指原が所属したユニット「サンコン」はブロック決勝で敗れた。また、AKBグループの「第3回ドラフト会議」を来年1月に行うことも発表された。

 総選挙の勢いそのままに、HKT勢が堂々の2冠を達成した。

 会場を最も沸かせたのはやはり総選挙女王の指原。HKT移籍後初となる6年ぶりの本戦出場で、AKB48の柏木由紀(26)、峯岸みなみ(24)とともにユニット「サンコン」を組んだ。指原は脚、峯岸は鎖骨、柏木はバストと「それぞれ自慢の部分を最大限露出」した黒の仮面付きセクシー衣装で、7000人の観客を魅了した。

 指原は1回戦で、かつてHKTに所属していた現AKB48・中西智代梨(22)を撃破。ブロック決勝では、準優勝した「ふぅさえ」のNMB48・矢倉楓子(20)に敗れたが、総選挙に続き存分に見せ場を作り、「正直、めちゃめちゃホッとしてます」とニッコリ笑った。

 大会を制したのは、指原の薫陶を受けて育ったHKTコンビ。笑わないアイドルを目指し「平成のWink」をキャッチフレーズに、本家さながらの無表情プレーで破竹の5連勝。48組の頂点に立つと、抑え続けていた涙がこぼれた。決勝前に舞台裏で2人の手を握って励ましたという指原も、目を潤ませた。

 5戦すべてでじゃんけんを担当した荒巻は、「まだ信じられないけど、うれしいです」とようやく笑顔。「最近、HKTに勢いがあまりなかったので、若い私たちが勢いをつけられたら」と胸を張った。指原に憧れ、北海道からHKT加入し1年の運上は、「私は何もしてないんですけど…」と笑わせつつ「本当にまだ信じられなくて。先輩のおかげで、こんなすてきなところに立てて本当にうれしいです」と喜びを爆発させた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス