文字サイズ

香取 最終回で吐露した赤裸々な本音「残念」「新しい道を選んだことで…」

 元SMAPの香取慎吾(40)が16年間司会を務めてきたテレビ朝日系「SmaSTATION!!」(土曜、後11・05)が23日、最終回を迎え、16年の歴史に幕を下ろした。長年コンビを組んだ大下容子アナウンサーと2人きりのエンディングのトークで、香取は「残念ですよ。とっても残念。ずっと続けたかった…」と涙を浮かべ、声を震わせて無念の思いを吐露。「皆さんに申し訳ないです」と懸命に涙をこらえた。

 昨年8月13日に解散を発表。「スマステ」の終了は今年8月12日にプロデューサーから直接聞いたという。この日が699回の放送で、「あと1回、700回やりたかったな!」という言葉を最後に残した。エンディングトークには、香取の苦しいほどの本音が詰まっていた。

 番組冒頭から涙目だった香取。それでも笑顔を作り、番組を進行。“戦友”“盟友”でもある大下アナとの“最後の会話”では、先行した新聞報道で番組終了を知り、「え?終わっちゃうの?」と驚いたこと、番組終了について「とっても残念で、ずっと続けたかった」と無念の思いを吐露した。

 稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)とともに、今月8日、ジャニーズを事務所を退所。香取は「新しい道を選んで、新しい道を進もうと思ったことによって…、この、みんなでどこまでも続けたいと思ってたスマステが終わってしまうことに…皆さんに僕は申し訳ないな、って思います」と語った。自分たちが、独立という「新しい道」を選択したことによって、番組が終了してしまうことになったことを赤裸々なまでに伝え、謝罪した。衝撃の“告白”だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス