文字サイズ

田村淳 青学大受験を発表「本気で目指します!」「知識、学力コンプレックス」が理由

田村淳の大学受験を発表する原宿駅前の大型ビジョン(撮影・金田祐二)
ロンドンブーツ1号2号の田村淳
2枚2枚

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳(43)が、来春、青山学院大学を受験することが23日、分かった。スーツ姿でインターネットテレビ局「Abema TV」に生出演して発表した。淳は「来年の春に、本気で青山学院大学への合格を目指します!」と叫び、「大学受験を始めることになりました」と宣言した。

 最初はスーツ姿でマイクに向かっていたが、大学受験発表後は学生服に学帽に着替え、“受験生”に変身し、「憧れだった青山学院を目指すことになりました」と伝えた。淳の最終学歴は、地元である山口県下関市の下関中央工業高校卒。偏差値は32。中学以降、「全く勉強しなくなった」と明かし、受験を決めた理由について「知識、学力とかにすごいコンプレックスを抱いていたと思う」と吐露した。

 青学は、淳の「憧れ」のキャンパスだったという。受験まで「残り100日間で挑戦」するとし、すでに勉強を初めて2日目で、夜型だった生活を改め、朝8時から勉強を初めていると明かした。青学受験を決めてから「お酒をやめております」と断酒していることも告白した。

 午後7時半、政見放送を思わせるセットの前にスーツに丸めがね姿で現れた淳は、「世界情勢が混沌とする中…」「国民の皆様にお伝えする、本気の表れ…」「ぼく1人で決断することはできなかった」などと政界進出をチラつかせるという“ネタ”仕込みもあった。

 “学歴コンプレックス”を告白した淳。今年3月には自身のツイッターで「中卒でも高卒でも優秀な人はいる。大卒でも優秀じゃない人もいる。その逆も然り…学歴重視採用社会は終わって欲しい。人間力重視採用社会に変わって欲しい」などと学歴についてコメント。このツイートには賛否両論が寄せられ、“炎上騒ぎ”となっていた。

 淳はラジオなどのメディアやSNSで積極的に政治的な発言をするなど“社会派”の顔も持ち合わせる。自身では否定し続けているが、過去に度々、政界進出が噂されてきた。この日の番組は、「田村淳の緊急重大発表生放送」と銘打たれており、衆院選が控えることから、ネットでは出馬を予測する書き込みも相次いでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス