文字サイズ

鈴木砂羽騒動 降板女優側から5時間電話「幕は開きませんよ」と迫られた…劇団主宰側

会見で涙ぐむ鈴木砂羽(右)=東京都新宿区の新宿シアターモリエール(撮影・出月俊成)
会見で涙ぐむ鈴木砂羽=東京都新宿区の新宿シアターモリエール(撮影・出月俊成)
2枚2枚

 女優・鈴木砂羽(44)が主演&演出を担当する舞台「結婚の条件」が13日、東京・新宿のシアターモリエールで初日を迎えた。同作は公演初日の2日前に、女優・鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が急きょ降板して騒動となった。舞台を手掛けた「劇団クロックガールズ」の主宰者で、脚本家の江頭美智留氏(54)のマネジャーが終演後、報道陣の取材に応じ、降板に至る経緯などを説明した。

 江頭氏のマネジャーは、降板した2人の側の主張はほぼ虚言であると断言。また2人は江頭氏の“信者”と呼べるほど江頭氏を崇拝しており、演出を担った鈴木が江頭氏の書いた台詞を書き換えるなどしたことに良い感情を持っていなかった可能性も示唆した。

 騒動の発端については、2度の通し稽古を行う予定の日に、2人がネット生放送に出演するため早く終了したいと主張したことで、解散時間についての認識に双方でズレがあったことに起因すると説明。また、降板した2人には満額のギャラが払われたとの一部報道については「江頭にミスがあったことの誠意を示すという意味で、ギャランティーは満額払いたいという話があった」としつつ、「初日の幕が開くまでに振り込んで欲しいという話だったんですが、その日の晩に(2人の)ブログが上がってしまったので、『一度、前向きなお話をさせていただいてから振り込みたい』という連絡をしたら、そこで話は止まっている」と現状を語った。

 その上で「1つはっきりさせておきたいところがありまして、(2人が)最終的に降板するとなったときに、先方の希望は公演中止だった。もしくは、鈴木さんのパワハラによる降板というのを公式に発表するのか、どちらかを選んで下さいということだった」と公表。さらに、2人の所属事務所の社長から「幕は開きませんよ」「差し止めしますよ」「週刊誌から土下座の取材がうちに来ていますので」といった言葉を、11日未明に約5時間の電話で突きつけられたと明かし、「そんな事実がないのに、砂羽さんのパワハラというのが表に出てしまったら、自分がお願いしたのに申し訳ないという思いで、(江頭氏が)一度は中止を考えました」と経緯を説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス