文字サイズ

斉藤由貴「オールナイトニッポン」を休養 14日から、不倫会見の嘘も考慮

 8月3日に開いた会見での斉藤由貴
1枚拡大

 ニッポン放送が13日、50代の医師とのダブル不倫を報じられ、これを認めた女優の斉藤由貴(51)が担当しているラジオ「オールナイトニッポンMUSIC10」木曜日(午後10時)を14日放送回から当面の間、休養すると発表した。

 この日の定例会見で、岩崎正幸社長が「所属の事務所と検討しました。本人の今の状況を考えると、パーソナリティーを務めるのは難しいというところで、明日からしばらく休むとなった」と説明した。休養期間は「特に期限は決めてないです。当面の間です」とした。そのまま降板する可能性は未定とした。

 休養の決定は12日に、事務所と局の話し合いで決まった。今回の休養は、不倫という行為そのものが休養につながったわけではないといい、松浦大介編成局長は「最初の会見、その後に出てきた写真等も含めた総合的な判断となりました。不倫イコール休養ということではございません」と説明した。

 会見で嘘をつかなければ、休養はなかったかという質問に松浦編成局長は「たらればは分からないので…。さっきも申し上げたように、続報、続々報となかなか強烈なものが出てきたので、お互いに決めたことなので仮定の話はしづらいです」と渋い表情だった。

 斉藤は「-MUSIC10」が始まった15年秋から木曜日を担当している。不倫問題が露呈した後も生放送を行い、7日夜の放送では「ひと言で言うならば。やっぱり、飯がまずい日々を過ごしては、おります」と心境を語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス