文字サイズ

松山千春 遅延の機内で「大空と大地の中で」熱唱 CAに申し出、乗客まとめる

 歌手・松山千春(61)が20日、搭乗した飛行機の出発が1時間以上も遅れていた間に、機内で自身の代表曲「大空と大地の中で」を熱唱する大サービスを行っていたことが21日、全日空への取材で分かった。遅延でイライラムードが漂う機内を和ませるため、自ら客室乗務員に申し出たもので、機長も特例で許可。サプライズ歌唱に、乗客は大歓声と拍手で喜んだという。

 全日空の広報担当者によると、松山が歌唱したのは今月20日。北海道・新千歳空港を午前11時55分発予定だった、大阪・伊丹空港行きのANA1142便。帰省ラッシュで保安検査場が混雑した影響で、午後1時3分に出発がずれ込んでいた。

 出発時刻が1時間近く遅れた午後0時50分ごろ、機内のイライラムードが頂点となるのを感じたのか、松山から客室乗務員に「機内が和むように、歌いますよ」との申し出があったという。

 機内の保安上、通常は搭乗客の勝手な行動は許されないが、今回は客室乗務員がこの申し出を機長に報告。機長が特別に許可したことから実現した。

 普段は乗務員がアナウンスに使用する電話の受話器型マイクを使い、松山はまず「松山千春です」などと自己紹介。自身の代表曲で北海道に縁のある楽曲「大空と大地の中で」を熱唱した。

 松山は歌だけでなく即興トークも展開。全日空に代わって遅延を謝罪し、出発を待つ乗客に「お疲れさまです」とねぎらいの言葉をかけ、「地上係員も頑張っています。もう少し辛抱しましょう」と呼びかけた。

 これで機内のムードは一変。広報によれば、過去に例がない特例で、「お客さまも拍手で喜んでいただき、機内がすごく和みました」という。

 今回の歌唱について松山の関係者は「歌ったのは事実ですが、特にコメントすることはない」と多くを語ることはなかった。一方、ANA広報は「遅延したことはお客さまにはおわび申し上げます。松山様には感謝申し上げます」とコメント。歌唱時は、機長に代わり客室乗務員の代表が松山に感謝したという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス