文字サイズ

風見しんご 長女と長男の相次ぐ死

自著「二十歳のえみる さくらのとんねる」発売記念のサイン会を行った風見しんご=東京都内
2枚

 タレントの風見しんご(53)が9日、東京・福家書店新宿サブナード店で自著「二十歳のえみる さくらのとんねる」発売記念のサイン会を行い、長女事故死の翌年に授かった男児が死産したことを明かした。

 風見は2007年、当時小学5年生だった長女・えみるさんを交通事故で亡くしたが、著書の中では事故の約1年後に授かった「長男」が死産したことも明かした。

 風見は「(妊娠した際)検査を受けて男の子といわれました。ダウン症をお持ちですともいわれました」と話し、発育途中で障害が出るのも覚悟していたという。08年6月に胎児に異変を感じ、妻が病院へ駆けつけたところ、医師から「心肺停止です」と告げられたという。

 風見は「妻が『どうしても生みたい』というので自然分娩(ぶんべん)で陣痛誘発剤を使いました。産声を上げないのは分かっていたのですが」と遠くを見つめた。死産した長男は「こころ」と呼んでいた。

 風見は「えみるが亡くなってから前を向くように家族の背中を押してくれたのは長男だと思っています」と感謝の言葉をささげた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス