文字サイズ

山本彩が園まり、中川翔子が伊東ゆかり役 NHK新ドラマで

 園まりを演じる山本彩
伊東ゆかりを演じた中川翔子
奥村チヨを演じた鈴木愛理
3枚3枚

 NHKで9月2日から放送される新ドラマ「植木等とのぼせもん」の新たな出演者が14日、同局から発表され、山本彩が園まり役に、中川翔子が伊東ゆかり役に、鈴木愛理が奥村チヨ役に決まった。同ドラマは小松政夫の「のぼせもんやけん」を原案に、植木等さんの活躍を描く。植木等役にはすでに山本耕史が発表されている。山本は9月30日から、中川、鈴木は9月9日から登場予定。

 今回、園まり役となった山本は同局を通じ「昭和を代表する歌手である園まりさんの役を演じることが出来てとても光栄に思います。私がドラマの中で歌わせていただいた『逢いたくて逢いたくて』は、私よりもずっと前に産まれた曲ですが、この役を演じさせていただいたことによって、当時の歌謡の世界を感じることが出来ました。現代とはまた違った歌詞が持つ言葉の強さや重みを皆さんに感じていただけたら幸いです」とコメントを発表。

 また、中川も「ドラマの中では、歌唱シーンがメインで、大先輩である伊東ゆかりさんの楽曲を、尊敬と憧れの念を込めて、自分なりに歌わせていただきました」とコメントした。

 このドラマの見せ場は当時大人気だったテレビ番組「シャボン玉ホリデー」の再現シーンだが、制作統括の佐野元彦氏は「歌唱力に定評のある山本さん、中川さん、鈴木さんが原曲を聞き込み、先輩の歌手の方々の歌唱をリスペクトしつつ、さらに各々本人の魅力をプラスして下さり、聴き応えたっぷりです」とPRしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス