文字サイズ

ET-KING・いときん「生きたい」 肺腺がん ステージ4…活動休止で治療に専念

 肺腺がんであることを公表した「ETーKING」のいときん
1枚拡大

 ヒップホップグループ・ET-KINGのリーダー・いときん(38)が肺腺がんを患っていることを3日、公表した。ステージ4の進行がんで、リンパ節、脳にも転移しているといい、当面の活動を休止し治療に専念する。

 所属事務所によると、いときんは、今年6月、毎年定期的に受けている健康診断で肺腺がんが発覚。7月に細胞検査などを受けた結果、ステージ4の進行がんであることが分かった。リンパ節と脳に転移していることも判明。所属事務所と相談を重ね、年内のライブ活動の休止を決めた。

 7月26日から、深部静脈血栓症のために大阪市内の入院しているいときんは、「これから生命力を尽くし、家族、仲間とともに病気と向き合い、治療法を選択し専念していきたいと思っております」と全力を尽くし病と闘う決意を表明。「ETーKINGのリーダー、いち大阪のブルースマン、そしてHIP HOPのトラックメイカーとして、自分の音楽、哲学に向き合い、まだまだ作品を残したいと思っています。生きたい!!」と前向きにコメント。

 休業中はメンバーが代役を務めるなどし、ライブも継続。団結してリーダーの復帰を待つ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス