文字サイズ

秘書・笹原氏が突如生出演 上西議員は「ある意味豊田議員みたいな感じ」

上西小百合議員
1枚拡大

 上西小百合議員の公設秘書の笹原雄一氏が21日、TBS系「ビビット」に突如生出演。この日、生出演した上西議員の秘書となったいきさつを明かし、上西議員について「ある意味豊田議員みたいな感じ」と、暴言、暴行で自民党を離党した豊田真由子議員と似ている部分があると話した。

 番組では、冒頭から上西議員が生出演し、自身が投稿したツイッターに端を発した一連の騒動について説明。その中で、これまでの会見で、公設秘書からの指示で言い直す場面があったことも触れた。

 その流れでスタジオの端にいた笹原氏も突如呼ばれ、上西議員の隣に座ることとなった。笹原氏は、公設秘書になったいきさつについて、もともと芸能事務所にいた際に上西議員にトークライブ出演を打診したことがきっかけと説明。当初はイベント出演などのマネジメントを笹原氏の会社が行い、政治事務所には笹原氏の会社の人間を秘書として派遣していたという。

 「でも『すいません、戻りたい』という人間が続出して」と、送り出した社員が続々と音を上げて戻って来たといい「会社の人間が出来ないなら、会社は若い人間に任せて僕が出ようかと」と、仕方なく笹原氏が公設秘書となったと説明した。

 秘書が戻りたがるという部分に、テリー伊藤は「豊田議員のような?」と、秘書に暴言、暴行を働いたとされる豊田議員の名前を挙げると、上西議員は「違います!政治の世界は独特なので、パッと入ってきてもすぐには馴染めない」と、秘書側が政治の世界に慣れなかったと訴えたが、笹原氏はそれを遮り「ある意味、豊田議員みたいな感じです」とテリーの指摘を認めた。

 「蹴りも?」とテリーが続けて聞くと、上西議員は「私達はたまに手は出ることはあります。何を作っていくにしても熱く激論がルールなので」と上西事務所の“ルール”としたが、笹原氏は「それは別問題」とピシャリ。更に笹原氏は「政治は政党がやるもの。政党に入るまでのつなぎ」と、上西議員がどこか政党に入った場合はやめるとも語った。

 テリーからは、上西議員の数々の過激なツイッターなどに触れ「(上西議員を)正しい方に導いてるとは思えない」と苦言を呈され「まったくその通り」と語ったものの、「一つ勘違いなのが、僕が彼女に言わせている、コントロールしていると思われているが、ツイッターは彼女自身が喜んで、自分からやるようになった。止まらない」と、お手上げ状態であると説明していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス