文字サイズ

神田正輝 没後30年石原裕次郎さんの教えは「怒っていいことは何もない」

石原裕次郎さんの墓前で集まったファンにあいさつする(前列左から)舘ひろし、石原まき子さん、神田正輝ら=横浜市・総持寺(撮影・金田祐二)
石原裕次郎さんの墓前で集まったファンにあいさつする(前列左から)舘ひろし、石原まき子さん、神田正輝=横浜市・総持寺(撮影・金田祐二)
石原裕次郎さんの墓前で集まったファンにあいさつする(前列左から)舘ひろし、石原まき子さん、神田正輝=横浜市・総持寺(撮影・金田祐二)
石原裕次郎さんの墓前に並ぶ(前列左から舘ひろし、石原まき子さん、神田正輝(後列左から)徳重聡、岩永ジョーイ、池田努、宮下裕治、金児憲史、増本尚=横浜市・総持寺(撮影・金田祐二)
墓前で手を合わせる(左から)神田正輝、石原まき子さん、舘ひろしら=横浜市・総持寺(撮影・金田祐二)
5枚5枚

 俳優の神田正輝が17日、のテレビ朝日系「徹子の部屋」に出演し、この日没後30年の節目を迎えた俳優・石原裕次郎さんから生前受けた教えを明かした。

 神田は裕次郎さんの誘いをきっかけに25歳の時、1976年のドラマ「大都会」で俳優デビュー。裕次郎さんが社長を務めていた石原プロモーションに所属して芸能活動を続けてきた。

 長年、裕次郎さんと行動をともにしてきた神田は、司会の黒柳徹子から「これは教えてもらったな、ということはありますか?」と問われると、「言葉では言わないんですが、怒るなと。怒って、いいことは何もないからと、そういうことをじかに教わった気がします」と振り返った。

 言葉通り、裕次郎さんが怒ったことは「見たことがない」といい、黒柳も「どんな時でも穏やかでお優しかった」と同調していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス