文字サイズ

宮川大助、腰の感染症で再手術受けていた 夫婦コンビで3カ月ぶり仕事復帰

出番後、腰に巻いたコルセットを見せる宮川大助(右)と花子=大阪市内
関係者からの寄せ書きTシャツを見せる宮川花子=大阪市内
コンビで仕事復帰した宮川大助(右)・花子=大阪市内
3枚

 腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)のため3月に大阪市内の病院で手術を受け、休養していた夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子の大助(66)が30日、大阪・なんばグランド花月(NGK)公演で仕事復帰した。術後、傷口に菌が入り、今月2日に再手術を受けていたことも明らかにした。

 コンビでの仕事は3カ月ぶり。妻で相方の花子(61)は「大変やったんです。15日に復帰するつもりでいたのに、感染症でまた手術。同じ所を2度も切るのかと」と振り返った。

 大助は2月28日に入院し3月2日に手術。約7時間にわたる手術を終え、3月29日に退院した。リハビリなどで復帰に備えていたが、4月末に岩手県での復興企画イベント中に発熱。傷口に菌が入っており、今月2日に再手術を受け、28日に退院したという。

 これまで数年間、腰痛に悩まされてきたという大助は「2年前ほどからは(漫才の)10分間で冷や汗をかくほどだった」と症状を説明。手術直前は足腰がマヒ状態にまでなっていたそうで、2月28日にNGKでの漫才が終わってすぐ、病院へ搬送されたという。

 診察では、医師から「今回、病院に来ていなければ寝たきりになっていたかも」と言われたと花子が明かすほどの重症だったという。

 現在の状態については「大丈夫。(全快には)あと3カ月くらいかかると言われているけど」と話した。普段はコルセットを着用しているが、この日の舞台では外して臨んだという。

 この日は芸風の通り、終始花子にリードされるしゃべりではあるものの、声量は以前と変わらず。体を動かしながら元気に出番をこなした。

 6月24日からは大阪・新歌舞伎座で1カ月公演「五木ひろし特別公演」に夫婦で出演予定。手術前から決まっていた舞台で「間に合ったという気持ち」と、ホッとした表情を浮かべていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス