文字サイズ

木村拓哉 カンヌでの歓声は?「照れくさい」

6度目のカンヌ国際映画祭に出席した三池崇史監督
1枚拡大

 フランスで開催中の「第70回カンヌ国際映画祭」に13年ぶりに参加した元SMAP・木村拓哉(44)が、現地時間18日夜(日本時間19日)、レッドカーペットと公式上映に出席した。グループ解散後初の主演映画「無限の住人」が特別枠「アウト・オブ・コンペティション部門」で上映され、2300人から約5分間、スタンディング・オベーションを受けた。ソロとしての“世界デビュー”が上々の反応となった木村は、3度目のカンヌ来訪がかなうことを期待した。

 -イベントを終えた気持ちは?

 「拍手や笑い、驚きをそのまま表現した客席があって、今日の上映は一方通行ではなくコミュニケーションが取れていた」

 -上映前に緊張は?

 「緊張はあったんですけど、拍手で迎え入れてくれたときに友達感覚というか、すごい近い存在になってくれたのでリラックスできました」。

 -ピンチに駆けつける場面の歓声は?

 「照れくさい」

 -日本の映画でカンヌに戻ってきたが。

 「(日本の)文化って、国内の方が熱が冷めている感じを若干感じていた。灯台下暗しというか、自分たちの良さに光を当てていいんじゃないかな」

 -主演で戻ってきたことに意識は?

 「意識はないです」

 -(映画は)賛否両論あるが、ぶれない理由は?

 「三池崇史監督がいるし、杉咲花がいる。現場にいけば、スタッフ、共演者がいる。ネガティブキャンペーンがあっても構わないと思うけど、僕らはしっかりとした答えを持っているので」

 -海外メディアの反応は聞きたい?

 「インタビューがあって、それぞれの視点で見てくれた。10人いたら、それぞれ感想がある。聞くのは楽しい」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス