文字サイズ

曽根幸明さん死去 藤圭子さん「圭子の夢は夜ひらく」作曲…83歳、肺炎で

 歌手藤圭子さんの「圭子の夢は夜ひらく」などのヒット曲を手掛けた作曲家の曽根幸明(そね・こうめい)さんが20日午後8時1分、肺炎のため東京都中野区の病院で死去した。83歳。葬儀は近親者のみで行った。後日、しのぶ会を開く予定。喪主は妻喜代美(きよみ)さん。

 喜代美さんによると、曽根さんは2002年に脳梗塞で倒れた。その後もいろいろな病気になったという。その度に危篤状態になり、医者に呼ばれ「延命処置はどうしますか?」と聞かれた。しかし、その都度、曽根さんは回復。家族の間では「不死身の男」と呼んでいたという。今回も「大丈夫!」と思っていたが願いはかなわなかった。

 3月に入って曽根さんは足のむくみが出るようになった。徐々にひどくなり、4月2日、ヘルパーが容体に異変を感じ「すぐに救急車を呼んで!」と救急搬送された。肺炎で肺に水が溜まった状態だった。

 可能な限りの治療を受けたが、20日午後6時30分に喜代美さんに看取られ亡くなった。23日、親族による密葬が営まれた。歌の道に進んだ娘の曽根由紀江は、曽根さんが生きている間に結果を出せず、悔やんでいるという。由紀江が主催して、1カ月後をメドに偲ぶ会を開くという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス