文字サイズ

ムッシュかまやつさん死去 78歳 昨年9月に肝臓がん公表

昨年12月8日、堺正章の古希ライブに飛び入り参加した、ムッシュかまやつ氏=都内
盟友・堺正章に肩を抱かれ、笑顔を見せるムッシュかまやつさん=2016年12月8日
2枚

 グループサウンズ「ザ・スパイダース」のメンバーとして人気を集め、タレントとしても活躍した歌手・ムッシュかまやつ(本名釜萢弘=かまやつ・ひろし)さんが1日午後6時5分、都内の病院で亡くなった。78歳。東京都出身。昨年5月に肝臓がんが見つかり、9月に公表。「絶対に復活するから心配しないでください。それまでいろいろご迷惑をおかけします」と再起を誓っていた。

 がんと診断された後も、仕事をこなしていたが、7月に予定していたライブを延期。8月23日に脱水症状を起こし救急搬送され、そのまま入院した。9月にがんを公表。10月末に退院し、いとこである歌手・森山良子(69)の自宅で静養しながら、ラジオ出演などの仕事をこなしていた。

 12月8日にはスパイダース時代の同僚である堺正章(70)の古希記念ライブに飛び入り参加もした。トレードマークのニット帽スタイルで、堺とスパイダースの「サマー・ガール」をデュエット。歌唱前には「ちょっと左耳が(聞こえにくい)。相当いろいろ狂っちゃったから、ゴメンね」と万全ではない体調を気にしていたが、力強い歌声は衰えを感じさせず、歌い終えると堺と熱い抱擁を交わしていた。

 かまやつさんは、ジャズシンガーピアニストのティーブ・釜萢さんを父に持ち、青山学院大学時代にプロデビュー。60年代にスパイダースの一員として人気を博して、作詞・作曲を手掛けた「バン・バン・バン」などが大ヒット。長男のTAROかまやつも2005年に歌手デビューした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス