文字サイズ

ガッキー演じる!短髪白髪に眼鏡っ子

 日本テレビの連ドラに初主演する新垣結衣
1枚拡大

 女優の新垣結衣(27)が、日本テレビ系連続ドラマ「掟上(おきてがみ)今日子の備忘録」(10月放送)に主演することが14日、分かった。連ドラ主演は13年4月期のTBS系「空飛ぶ広報室」以来、2年半ぶりで、日テレでは初。記憶を1日しか保てない“忘却探偵”にふんして、不可思議な事件を即日解決していく。原作に合わせ、短髪白髪の眼鏡っ子スタイルにビジュアルも変えるという。

 寝ると1日の記憶を忘れてしまう体質から、体はメモだらけ。若いのになぜか総白髪で、お金にがめつい「置手紙探偵事務所」の所長。眼鏡がキュートな異色の名探偵をガッキーが演じる。

 昨年の作家別売り上げランキング1位となった人気作家・西尾維新氏の作品の初実写化。西尾氏が「初めて実写化を意識して書いた」小説で、主人公のイメージとしていたのが新垣だったという。キャスティングを伝えられた西尾氏は「運命ですね」と喜んでいるという。

 クランクインは9月中旬を予定。ガッキーは原作通りにウィッグで髪を短くし、総白髪&眼鏡姿に変身するという。

 運の悪い青年・厄介(やくすけ)が事件の犯人に間違われ、今日子さんに助けを求めるところから物語は始まる。今日子さんが忘却体質ゆえの妙をコミカルに描きながら、「100万円を盗んだ。身代金1000万円を要求する」などの不可思議な事件を解決していく。

 眠ると記憶をなくしてしまうため、基本的に事件解決は即日。だが、犯人を暴いたのに睡眠薬を盛られてやり直しになったり、逆に推理に煮詰まったときにわざと寝て、頭をリセットさせるなど、通常の探偵ものとは一線を画す設定が見どころ。今日子と厄介を軸に、ミステリーとラブストーリーが描かれる。

 2年半ぶりのドラマ主演に、ガッキーは「プレッシャーをなるべく忘れて、とにかく楽しみたいと思います」と自然体で臨む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス