文字サイズ

平井堅 4年ぶり“日9”ドラマ主題歌

 歌手の平井堅(43)の新曲「君の鼓動は君にしか鳴らせない」(8月発売)が、TBS系日曜劇場「ナポレオンの村」(7月19日スタート。日曜、後9・00)の主題歌に起用されることが24日、分かった。平井にとってデビュー20周年シングルの第1弾。主演の唐沢寿明(52)演じる敏腕公務員が、過疎の村を再生するストーリーに合わせて、人生の応援歌として仕上げた。

 1995年のデビューから20年のメモリアルを飾る新曲は、持ち味の伸びのある歌声を生かしたミディアムバラードだ。TBSのドラマ主題歌を平井が歌うのは、今回と同じ看板枠の“日9”「JIN-仁-」での、「いとしき日々よ」以来4年ぶり。

 皇帝ナポレオンを冠に持つドラマを「不屈の精神、七転八起の展開が描かれるとても熱いドラマ」と捉えた。作詞・作曲も手掛け、歌詞には『ヒーロー』のフレーズを繰り返し用いた。「最近の僕の曲は『巡れど巡れど闇は闇』と歌う曲だったり、ダークな世界観の楽曲が続いたんですが、熱い気持ちを自分の心の中からひっぱり出して書きました」と説明した。

 過疎の村が舞台のドラマでは、日本の原風景が描かれるとあり、「豊かさや尊さや誇りみたいなものは、遠いところにあるのではなく、日々の挫折や諦めの中で自分の手の中にあるものを忘れているだけで、実はそこにちゃんと美しさはあるんだ」との思いも込めた。楽曲タイトルに絡めて、心臓の鼓動や鐘の音などをアレンジのテーマに「楽しみながら作りました」と制作過程を振り返った。

 ミリオンセールスを記録した自身最大のヒット曲「瞳をとじて」を生んだ亀田誠治プロデューサー(51)と、3年ぶりにタッグを組んだ意欲作。ドラマに先駆け、27日にTBS系特番「音楽の日2015」(後2・00)に唐沢と生出演して初披露する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス