文字サイズ

NHK「みんなのうた」にAKB起用

 AKB48が担当した「みんなのうた」の一場面(C)NHK/南家こうじ
1枚拡大

 AKB48が歌う「履物と傘の物語」が、NHK「みんなのうた」(2~3月放送分)に起用された。1961年にスタートし、数多くの名曲を生んだ同枠をAKBが担当するのは初めてで、“みんなのうた選抜”は高橋みなみ(23)、小嶋陽菜(26)、渡辺麻友(20)ら8人。秋元康総合プロデューサー(56)が、隣同士で店を営む2人の老婦人の交流を、心温まるストーリー仕立ての歌詞として書き上げた。

 高橋は「しあわせってなんだろう。その答えの一つがこの歌にある気がします」とコメント。同曲はAKBの新曲「GreenFlash」(3月4日発売)のカップリング曲として収録される。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス