文字サイズ

松山英樹「バーディーを取ることができてうれしかった」【一問一答】

 「米男子ゴルフ・全米オープン選手権・最終日」(19日、ザ・カントリークラブ=パー70)

 17位から出た松山英樹(30)=LEXUS=が5バーディー、ノーボギーの今大会最少スコア65でラウンドし、通算3アンダーで首位と3打差の4位に食い込んだ。松山との一問一答は以下の通り

 ◇  ◇

 (プレー後の公式インタビューで)

 -65のラウンドを振り返って。

 「きのうはバーディーを取れなかったので、きょうはバーディーを取ることができてうれしかった」

 -昨年のマスターズ優勝の経験が今の自信につながっているか。

 「それはあまり考えず、いいプレーをすることだけを考えてプレーしている。それは過去の話。また次、勝てるように頑張りたい」

 (テレビインタビューで)

 -2番のチップインパーは。

 「うわ入った、と思った。ピンを抜いたのは、距離も近かったので、強く入ってピンに当たるとここのピンはすごく強いので、弾かれると思ったので。抜いていてよかった」

 -6番は30ホールぶりのバーディー。

 「そうですね。僕も数えてました」

 -12、13番はロングパットを決めてバーディー。

 「きのうからイメージはすごくよくなっていた。12番もイメージがすごく出ていた。13番もラインを(キャディーの早藤)将太に聞くまでもなく『イメージ出てたんですか?』と聞かれたくらい、いい感じで打てたんで。よかったなと思う」

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ゴルフ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ゴルフ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス