文字サイズ

マークセンが大会2連覇 猛暑でも好調、タイ出身“夏男”

 大会2連覇を果たし、韓裕大会最高顧問(左)から優勝カップを受け取るプラヤド・マークセン
3枚

 「男子シニアゴルフ・マルハンカップ太平洋クラブシニア・最終日」(8日、太平洋クラブ六甲コース=パー72)

 2位から出たプラヤド・マークセン(53)=タイ=が6バーディー、ノーボギーの66で回り、通算10アンダーで大会2連覇を果たした。今季2勝目で通算15勝目。1打差の9アンダー2位に白潟英純。7アンダー3位に桑原克典が入った。首位スタートの芹沢信雄は74とスコアを落とし、3アンダー16位に終わった。

 マークセンが32度を超える真夏日の大激戦を制した。最終組で回る白潟とのマッチレース。互いに9アンダーまで伸ばして迎えた17番パー3で明暗が分かれた。奥9メートルからジャストタッチのパットで左に外した白潟に対し、手前8メートルから強気に“壁ドン”バーディー。「ジャストで打つとボールが弾んでしまうので強めに打った」と勝者の弁。白潟は「最後はドーンとくる。あそこらへんが違う」と脱帽するしかなかった。

 「暑くて疲れた」とこぼすマークセンだが、これで8月末のファンケル・クラシックから出場2試合連続優勝。昨季も7、8月に3勝を挙げており「暑いのは嫌いだけど、我慢はできる」と涼しい顔だ。タイ出身の“夏男”が本領を発揮し、優勝賞金1000万円をかっさらっていった。

 副賞として兵庫県三木市吉川町産「キヌヒカリ100キロ」なども獲得。ただ心優しきタイ人は、優勝副賞は地元の施設などに寄付している。「お米とか分けられるものは分けています。日本で長くプレーしているので、その土地、その土地で活躍したら、その土地の方に気持ちをあげている。そうすると向こうからも気持ちが返ってくるので」。日本人に負けない声援を背に、これからもマークセンは優勝を重ねていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス