文字サイズ

スコットランド61点大勝 日本戦へ主力温存も圧巻9トライ

 トライを決め喜ぶスコットランドのG・ホーン(共同)
2枚

 「ラグビーW杯・1次リーグA組、スコットランド61-0ロシア」(9日、静岡スタジアム)

 日本と同じA組で世界ランキング9位のスコットランドが同20位のロシアに61-0で大勝し、日本の決勝トーナメント初進出は持ち越しとなった。スコットランドは2勝1敗の勝ち点10。A組は3戦全勝で同14の日本、2勝1敗で同11のアイルランドを含め、3チームが8強入りを争う混戦。日本は13日にスコットランドとの最終戦に臨む。

 控え組の満点回答で望みをつないだ。8強進出へ負けられないスコットランドは、次の日本戦が中3日となる日程を考慮し、一部の主力をリザーブ外で温存する勝負手を打った。結果は大吉-。SHのG・ホーンがハットトリックを達成するなどチーム合計9トライの猛攻。白星にボーナスポイント(BP)を加えた“満額”の勝ち点5をゲットした。

 2戦目から先発メンバー14人をガラリと入れ替えた中での快勝。日本戦は勝ち点1で順位が変わるだけに、タウンゼンド監督は「非常に大きな成果だ。BPを奪っていなければ、日曜日はもっと厳しくなっていた」と選手たちをたたえた。

 「(中3日となる)日本戦のためにずっとプランは考えてきた。だから選手たち何人かは休ませた」とタウンゼンド監督。正確なキックで“日本キラー”の異名を取るSHレイドロー、欧州最高とも称されるFBホッグら、日本サイドから警戒の声が聞こえる主力組数選手はこの日はリザーブ外。体力面の不安なく大一番に投入することが予想される。

 初戦アイルランドにノートライで敗れてから2連勝で巻き返し、決勝トーナメントを激しく争う日本との直接対決に弾みを付けた。タウンゼンド監督は「チャレンジングだが、日曜日にしっかりと一番良いラグビーをする準備をするだけだ」と抜かりはない。いよいよ世界も注目の決戦。勢いを増したスコットランドが、日本に襲いかかる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ラグビーW杯最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス