文字サイズ

元横綱稀勢の里・二所ノ関親方が宿舎開き「部屋の全員が勝ち越せるように」

 「大相撲名古屋場所」(7月10日初日、ドルフィンズアリーナ)

 大相撲の二所ノ関親方(元横綱稀勢の里)が22日、愛知県安城市で名古屋場所の宿舎開きを行った。「しっかり調子を整えながら、本場所で部屋の全員が勝ち越せるように頑張っていきたい」と抱負を述べた。

 宿舎は延べ床面積約530平方メートルで、効率のいい稽古をするために親方の強い希望で屋内外に1面ずつ土俵が設けられた。「非常に天井が高く、ストレスを感じずに稽古に集中できる。皆さんに喜んでいただける力士をつくって恩返しできるように」と声を弾ませた。

 風呂場には浴槽が二つあり、サウナも完備と充実。宿舎はパートナーシップ契約を結ぶ住宅会社のアイ工務店(大阪市)から貸し出される。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス