文字サイズ

二所ノ関親方 待望の部屋開き「自分の城ができた」 元稀勢の里が横綱輩出目指す

 大相撲の二所ノ関部屋が5日、茨城県阿見町で部屋開きを行い、二所ノ関親方(元横綱稀勢の里)は「ようやくスタートしたなと。自分の城ができたので、稽古にも身が入ると思う」と心境を語った。昨年8月の独立から仮住まいしていた同県つくば市内から移転した。

 敷地面積は1800坪で、緑色の屋根は国技館をイメージした。土俵は2面あり、トレーニング室に加えて、敷地内にバスケットボールのハーフコートや鉄棒を設置。屋外でも体を動かせる。また、力士が生活しやすい住環境も充実。風呂場は浴槽が2つで10人が入浴可能。食料を保管する冷凍庫は人が入れる巨大サイズだという。

 二所ノ関親方は茨城県牛久市出身。部屋は同市との境界にある。「この地から強い力士を輩出して、将来的には横綱、大関を出すのが私の夢。“相撲どころ茨城”という感じにしていきたい」と抱負を語った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス