文字サイズ

元横綱稀勢の里の二所ノ関部屋が部屋開き 1800坪!バスケコート&巨大冷凍庫も

部屋の看板の前で記念撮影する二所ノ関親方(右端)と中村親方(左から3人目)
部屋開きで記念撮影する二所ノ関親方(中央右)と中村親方(同左)ら
部屋開きが行われた二所ノ関部屋
3枚

 大相撲の二所ノ関部屋の部屋開きが5日、茨城県阿見町で行われた。

 二所ノ関親方(元横綱稀勢の里)が昨年8月に独立。これまでは、同県つくば市に仮住まいの形で部屋を構え、筑波大の土俵で稽古していた。同親方は「ようやくスタートしたなという感じ。やっぱり自分の城ができたので、非常に稽古にも身が入ると思います」とうなずいた。

 敷地面積は1800坪。「国技館をイメージした」という緑色の屋根の他にも、こだわりを詰め込んだ。土俵は2面あり、もちろんトレーニング室も完備。さらに敷地内にはバスケットボールのハーフコートや鉄棒を設置し、屋外でも体を動かせる。「真剣に(バスケトレは)やらせようかなと。膝と足首に非常にいいと思うし、瞬発力とジャンプ力と筋力を備えられる」と同親方。元幕内の幕下友風は「1日中バスケやってます」と笑いつつ「内容の濃い圧縮した稽古ができる。理にかなっている。力士第一に考えられた環境と稽古ができている」と長所を語った。

 また、力士が生活しやすい住居設備も充実。大部屋だけでなく、2人、3人部屋も多く作った。風呂場には浴槽が2つ。友風が「銭湯ですね。10人ぐらい入れる。どこの部屋より広い」と驚きの規模を明かすと、部屋付きの中村親方(元関脇嘉風)は、巨大な冷凍庫にビックリ。「ウォークイン冷凍庫というか、人が入れるすごいのがある。市場でしか見たことがない」と説明した。

 二所ノ関親方は茨城県牛久市出身。部屋は阿見町と同市との境界にあり、文字通り故郷は目と鼻の先。地元へ恩返しすべく「この地から強い力士を輩出して、ここで間違っていなかったという結果を求めて精進していきたい。将来的には横綱、大関を出すのが私の夢。部屋ができたことをきっかけに“相撲どころ茨城”という感じにしていきたい」と抱負を口にした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス