文字サイズ

宇都宮 5季ぶり優勝 6連勝で決めた 涙のMVP比江島「ここまで来るのが長かった」

 「バスケットボール・Bリーグ1部・チャンピオンシップ・決勝第2戦、宇都宮82-75琉球」(29日、東京体育館)

 2戦先勝方式で宇都宮が琉球を82-75で振り切り、2連勝で5季ぶり2度目の優勝を果たした。チームはチャンピオンシップ(CS)で負けなしの6連勝で戴冠。28日の第1戦に引き続き、東京五輪代表でエースの比江島慎(31)が24得点と大活躍。CSのMVPに輝いた。

 超満員の会場が揺れる。勝利のブザーが響くと比江島は膝に手をつき、涙を流した。声を上ずらせながら「すごくうれしいです。一つの夢だった。ここまで来るのが長かった。やって来たことは間違っていなかった」と感極まった。

 意地と意地のぶつかり合いだった。序盤からリードを詰められ第3Qで一時逆転を許す。55-54で迎えた最終Qでエースが底力を発揮。「みんなが僕のためにスクリーンをしてくれる。後は決めきるだけ」と猛攻で琉球を突き放した。計24得点の大暴れでチームをCS無傷の6連勝に導き、MVPに輝いた。

 昨季は東地区を制してCSに進出するも千葉に惨敗。今季は東地区4位からワイルドカードでプレーオフに滑り込み、準々決勝で千葉、準決勝で天皇杯覇者の川崎を連倒した。「個人としても、チームとしても成長を感じられたシーズンだった。全員で戦えた結果。優勝を分かち合いたい」。勝利の味は格別だった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス