文字サイズ

松村&谷田組はラトビアに勝利 1勝1敗 カーリング世界最終予選

 「カーリング・北京五輪世界最終予選」(5日、レーワルデン)

 22年北京五輪出場権を懸けて行われ、世界ランク12位の日本は、混合ダブルスの松村千秋(29)=中部電力、谷田康真(27)=コンサドーレ=組が出場し、世界ランク22位のラトビアに8-2で勝利し、1勝1敗とした。

 五輪出場への執念を見せつけた。2-2で迎えた第4エンド、有利な後攻で2点を奪うと、第5エンド、第6エンドでも不利な先攻で立て続けに2点を奪い、8-2と突き放した。相手に負けを認めるコンシードを出させ、勝利が決まった。

 今大会の混合ダブルスには14カ国が出場。7チームずつの2グループに分けて総当たり戦の1次リーグを行い、各グループの上位3チームがプレーオフに出場する。プレーオフでは6チームが2枚の五輪切符を懸けて争う。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス