文字サイズ

坂本花織はジャンプでミス…首位と6・53点差4位発進「プラスに捉えて」

 女子SP 4位の坂本花織=ラスベガス(AP=共同)
 女子SP 4位の坂本花織=ラスベガス(ISU提供・ゲッティ=共同)
 女子SP 4位の坂本花織=ラスベガス(AP=共同)
3枚

 「フィギュアスケート・スケートアメリカ」(23日、ラスベガス)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、坂本花織(21)=シスメックス=が71・16点で4位発進した。首位トルソワ(ロシア)とは6・53点差。3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプが、2回転-3回転になるミスがあった。

 「フリップがダブルになったのはすごく痛いミスだったけど、トーループをしっかり後につけられたのは練習からやっていたので、そこはよかった」と話した。

 得点については「70は切ると思った」といい「71でとどまったのはフリーへ向けて、気持ちもそんなに落ち込まず行けると思う。プラスに捉えて明日頑張りたい」と前向き。米国での有観客の試合とあって「いい緊張感の中でできた。雰囲気の良さにいい感じにのまれて、楽しくできました」と笑顔で振り返った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス