文字サイズ

吉田夕・松村雄組「悔し」敗戦も…全員五輪の可能性 松村雄「今後はチームジャパン」

カーリング五輪代表決定戦をめぐる人物相関図
 第6エンド、作戦を話し合う吉田夕梨花(右)、松村雄太組(代表撮影)
2枚

 「カーリング混合ダブルス・北京五輪代表決定戦」(20日、稚内市みどりスポーツパーク)

 松村家の“兄妹対決”は妹が制した。20年日本選手権優勝の松村千秋(28)=中部電力、谷田康真(27)=コンサドーレ=組は、21年日本選手権優勝の吉田夕梨花(28)=ロコ・ソラーレ、松村雄太(31)=コンサドーレ=組に決定戦で7-5、8-7と連勝し、通算3勝1敗として、22年北京五輪出場を目指す日本代表に決まった。今後は12月の世界最終予選(オランダ、レーワルデン)に出場し、残り2枚の五輪切符獲得を目指す。

 最後は自身のショットが決まらず、千秋との兄妹対決に敗れた兄の松村雄は「今はめちゃくちゃ悔しい」と、素直な思いを口にした。

 松村雄にとっては複雑な関係が絡み合う、異例の“身内決戦”だった。義妹である吉田夕梨花とのペア、そしてもう1人の義妹である吉田知那美をコーチにつけ、実の妹と戦うという構図。さらに妹のペアは4人制男子で同僚の谷田だった。

 ただ、今回の結果で、男女の4人制を含め全員が五輪に行く可能性が出てきた。「今後はチームジャパン。兄妹だからだけではなく、全員が五輪という共通の目標ができた。競技者として一緒に頑張りたい」。五輪切符が懸かる12月の世界最終予選。松村家、吉田家、そして日本カーリング界の夢を一丸となって叶えにいく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス