文字サイズ

小平奈緒 メダル噛み「私だったら号泣かも」写真撮影で要求され頑なに断った

 平昌五輪スピードスケート金メダリストの小平奈緒が5日、ツイッターに投稿。「本人の喜びの表現としてメダルをかじることは自由かと思いますが、私だったらその場で号泣して暫く立ち直れないかも…」と記した。

 名古屋市の河村たかし市長が4日に表敬訪問に訪れた東京五輪・ソフトボール女子の後藤希友投手(トヨタ自動車)の金メダルを噛んだ行為に批判が集まった問題。

 小平は「ちなみに」として、自身は写真撮影の際に「メダル噛んでくださーい」と言われて「頑なに首を横に振った記憶があります」とも明かした。「なので、メダルを噛んだことは一度もありません」と説明し、「後藤選手大丈夫かな」と気遣った。

 その後の別投稿で「私自身も心が痛んだので、選手に対しての心配のツイートだったのですが、私のツイートで気分を悪くしてしまった方がいましたら申し訳ありません」とした。「大事なことは、1番悲しんだ人に目を向けて寄り添ってあげられることだと思うのです。怒りをぶつけたいわけでも、人を批判したいわけでもありません 明日からまた平和なツイートを心がけます」と記している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス