文字サイズ

福岡堅樹が80メートル独走トライ ホームラストマッチ攻守で奮闘

 「ラグビー・トップリーグ、パナソニック32-17キヤノン」(8日、熊谷ラグビー場)

 準々決勝2試合が行われ、パナソニック(ホワイトカンファレンス1位)はWTB福岡堅樹(28)がトライを決めるなど、32-17でキヤノン(同5位)を退けた。トヨタ自動車(レッドカンファレンス2位)はNTTドコモ(ホワイトカンファレンス3位)に苦戦しながらも、33-29で勝ちきった。15日の準決勝では、パナソニックとトヨタ自動車が無観客となる大阪・花園ラグビー場で対戦する。

 福岡の走りが止まることはなかった。20-10と詰め寄られた後半17分、自陣22メートルラインでボールを持つと、日本代表では共闘したキヤノンのSO田村、ナンバー8マフィを鮮やかにかわし、約80メートルの独走トライ。「勢いを与えるプレーができた」と胸を張った。

 福岡にとってホーム熊谷でのラストマッチともなった。守備でも強烈なプレーを見せて攻守で会場を沸かせた。相手の田村は「堅樹はスペシャルな選手。しょうがない」と、お手上げ状態だった。

 4月から順大の医学部に通っているためチーム練習を休むこともある。それでも、変わらず今季10トライ目。パナソニックの4強進出に貢献した。

 負ければ引退の中、残り最大の2試合を戦うため準決勝のトヨタ自動車戦では終われない。福岡は「課題はまだまだ修正したい」と、その先の頂点を見据えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス