文字サイズ

17日予定のIOCバッハ会長来日は見送りへ 橋本聖子会長「非常に厳しい」

記者会見する東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長=7日午後、東京都中央区(代表撮影)
記者会見する東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長=7日午後、東京都中央区(代表撮影)
記者会見中にスタッフから耳打ちされる東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長(左)=7日午後、東京都中央区(代表撮影)
3枚

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)が7日、都内で定例会見を行った。

 この日、東京都などに発令されている緊急事態宣言が5月末まで延長に。17日の広島での聖火リレーに向けて調整されていた国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の来日については、見送りが濃厚となった。橋本会長は「計画は決まっていなかった。バッハ会長がこれる状況になれば歓迎したいが、現段階では何も決まっていない。これからIOCがあらゆる方向性を決めていく」とし、現状について「非常に厳しい。直接見て頂くことは重要だが、宣言の延長もあり、困難な状況の中でおいでいただくのはバッハ会長にも大きな負担をお掛けすることになる」と、認識を示した。

 バッハ会長については米有力紙ワシントンポストが5日に日本政府に対し、中止を決断し、費用の「損切り」をすべきだと促すコラムを掲載。コラムでは、新型コロナウイルス禍の中で日本に五輪開催を強要しているとして、IOCの姿勢を糾弾し、バッハ会長を「ぼったくり男爵」と痛烈に批判するなど、国内外で批判が高まっており、宣言の延長も相まって、来日は絶望的となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス