文字サイズ

御嶽海、スピード増で大関とる 同学年・響龍さん急逝には心痛

 「大相撲夏場所」(9日初日、両国国技館)

 小結御嶽海(28)=出羽海=が2日、都内の部屋で基礎運動などを行い、稽古後、電話取材に応じた。「ずっと上がりたい地位」と言う大関とりへ磨いてきたのがスピードだ。

 理想とするのは2015年九州場所、新入幕の時。「スピード=重さ。スピードがあったからこそ相手に伝わるものがあった」と何度も映像を見返した。コロナ禍の中、基礎を徹底し、体重を絞り感覚的には近づいてきた。

 6場所連続24度目の三役在位。2度の優勝を誇る実力者が「2桁(勝利)しか見ていない」と大関とりへ今度こそ足がかりを築く。

 一方で4月28日に急性呼吸不全で亡くなった境川部屋の三段目、響龍さんには心を痛めた。御嶽海と同学年の28歳で高校時代、対戦経験もある。「危険なスポーツだということを改めて思いました」と神妙に語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス