文字サイズ

元豪風・押尾川親方が来春独立へ 部屋の階上はシェアハウスに、6月着工予定

 大相撲の押尾川親方(元関脇豪風)が23日、来春に独立することを発表した。師匠の尾車親方(元大関琴風)が来年4月に日本相撲協会定年の65歳を迎えるためで、既に東京都墨田区に部屋を構える準備を進めている。

 41歳の押尾川親方は「師匠に『おまえならできる、やってみろ』と強く言われた。一度きりの人生なのでやってみようと思った」と書面で説明した。6月に着工予定の部屋は6階建てで、4階から6階は近隣の大学生らが使用するシェアハウスとしての活用も検討。両国国技館まで近く「力士ファーストで考えた。土俵の中は厳しく、それ以外ではチームワークのある部屋づくりを目指して頑張りたい」と意気込んだ。

 中大出身の押尾川親方は低い身長ながら突き、押しを武器に活躍。三賞2回を受賞した。史上10位の幕内1257回出場をマークし、19年初場所限りで引退した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス