文字サイズ

橋本会長が五輪中止を否定 確実に開催するためまい進「キャンセル考えてない」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が16日、都内で定例会見を行った。大会まで100日を切った中でも新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、中止論も再び飛び交い始めた中、海外メディアから中止の可能性を問われ「ご心配をいただいているが、組織委としてキャンセルは考えていない。確実に開催するためにまい進していく」と改めて否定した。

 与党・自民党の二階俊博幹事長が15日にTBSのCS番組収録で、新型コロナウイルス感染がさらに拡大した場合の東京五輪・パラ開催について「とても無理と言うならやめないといけない」と述べ、中止の可能性に触れたことについても「おそらく心配されてそういう発言をされたのだと思う。組織委として安全安心を最優先で準備しているが、身の引き締まる思いで発言を聞いた。そういう思いに応えられるように、“これであれば絶対に大丈夫”という万全の安全対策で、開催に向けて努力していきたい」と誓った。

 また、自民党の下村博文政調会長が選手のワクチン優先接種について「検討課題」としたことについても、「大会はワクチンを前提としていない。国内において選手の優先接種があるか、ということはまったくない」と否定した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス