文字サイズ

池江璃花子「新たな気持ちで臨んだ」「手応え得られた」【一問一答】

 「競泳・日本選手権」(10日、東京アクアティクスセンター)

 9種目で決勝が行われ、白血病からの完全復活を目指す池江璃花子(20)=ルネサンス=が女子50メートル自由形を24秒84で、非五輪種目の50メートルバタフライを25秒56で制し、大会4冠を達成した。両種目とも学生新記録を更新した。白血病の発覚からわずか2年2カ月ながら大会8日間、全11レースを泳ぎ切った。池江は4日に100メートルバタフライ、8日に100メートル自由形で優勝し、400メートルメドレーリレーと400メートルリレーの代表に決定。50メートル自由形を含めて勝った3種目は個人で選考基準を満たした選手がいないため、五輪本番で池江が出場する可能性もある。

  ◇  ◇

 -4冠を達成した。

 「日本で負けるのは今年で最後と決めていたけど、思っていた以上に成績もよかった。これからの自分の記録に期待できるようなレースが全てでできた。タイムを上げていくための課題も見つかった。自分の中でも楽しみにしてこれからも練習をつみたい」

 -8日間、11レースを泳ぎ抜いたことは。

 「100メートルを6レースやった後はやっぱり疲れが思っていた以上にきていた。最後までやるのは厳しいかなと思って、特に50メートル自由形は棄権した方がいいのか、ギリギリまで悩んだけど、50メートル自由形の日になったら、意外と体軽いかも、いけちゃうかもって感じで。最終日まで突っ走ることができてよかった」

 -大会を終えて。

 「4冠できたことはすごくうれしいし、タイムも全体的にものすごくいいタイムで泳ぐことができた。本来はみんな自己ベストを狙うと思うけど、自分は新たな気持ちでこの日本選手権に臨んだ。ただ、自分の持ってる日本記録に着実に近づいているなという手応えも得られたので。もう少ししたら、いずれはですけど、自分の日本記録もしっかり狙っていくようになるんじゃないかなと思う」

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス