文字サイズ

鈴木聡美 予選トップ通過も苦笑い「トイレを我慢しながら泳いだ」

 「アジア大会・競泳女子100メートル平泳ぎ・予選」(19日、インドネシア・ジャカルタ)

 ロンドン五輪200メートル平泳ぎ銀メダリストの鈴木聡美(27)=ミキハウス=は予選3組トップの1分6秒92、全体1位で決勝に進んだ。青木玲緒樹(23)=ミキハウス=は1分7秒24の全体2位だった。

 絶好調だ。12日まで行われたパンパシフィック選手権の200メートル平泳ぎで、鈴木は主要国際大会6年ぶりとなる銅メダルを獲得。「かなり手応えを感じている」と、自信を持って今大会に臨んでいる。

 予選も、自己ベスト(1分6秒32)に迫る好タイムで泳ぎながら「実はトイレを我慢しながら泳いでいて、集中が欠けていた部分もあった」と苦笑い。余力はたっぷりだけに「記録を狙って、積極的なレースをしたい」と力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス