文字サイズ

大栄翔 前日ヒヤヒヤ一転の満点相撲!初V期待に「こたえたい」

 「大相撲初場所・13日目」(22日、両国国技館)

 大関正代が土俵際、執念の逆転はたき込みで関脇隆の勝を下し、5連勝で11勝目を挙げ、2敗トップタイを死守した。平幕大栄翔も竜電を押し出し、自己最多タイ11勝目。3敗はおらず、2敗の2人が一騎打ちで一歩も譲らず、優勝は千秋楽決着となった。

 大栄翔が竜電を立ち合い一気の相撲で下し2敗を堅持した。頭でかまして突き放すと、強烈な右のど輪で相手を起こしての押し出し。「前へ出られたので本当によかったです」と満足そうに振り返った。

 前日は明生に上手を許して押し込まれ、土俵際の突き落としで薄氷の白星を拾ったが、この日は一転して満点相撲。「今場所はこういう(一気の)相撲で勝ってきているので、今日は思い切りいこうとしっかり考え直していった」と気持ちの切り替えがうまくいったことを明かした。

 結びで正代が勝ち、2敗で首位並走という状況は変わらない。残り2日へ向け「期待していただいているのはありがたいので、しっかりこたえていきたい」。初の賜杯をくっきりと視界に捉えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス