文字サイズ

内村のコロナ感染 五輪関係者に衝撃「痛いどころじゃない」 強化拠点NTCから初

 国際体操連盟の渡辺守成会長が29日、緊急会見を行い、新型コロナウイルスの感染拡大による入国制限などが設けられて以降、日本で初の五輪競技における国際大会となる予定の体操の日米中露4カ国交流大会(11月8日、代々木第一体育館)に出場予定だった男子個人総合五輪2連覇王者の内村航平(31)=リンガーハット=が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

 無症状で体温は36度台。大会出場予定の日本選手は味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で合宿を行っていた。五輪選手強化拠点であるNTCで選手から感染者が出たのは初めて。

 今回の体操国際大会は、渡辺会長が「誰かが先陣を切らないと」と話していたように、来夏の東京五輪に向けて、いまだコロナ禍での開催への懸念が残る中で、大きな試金石となるとみられている。現状、大会は予定通り行う見通しだが、ホスト国の人気選手から感染者が出た衝撃は大きい。

 さらにここまで厳重な感染対策を行っていたNTCでの発生だけに、他競技への影響も懸念される。五輪関係者は「痛いどころじゃない」と、吐露した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス