文字サイズ

【朝原宣治の目】予選と同条件なら9秒台突入してもおかしくない

 「陸上・セイコー・ゴールデングランプリ」(23日、国立競技場)

 男子100メートルは前日本記録保持者の桐生祥秀(24)=日本生命=が10秒14(向かい風0・2メートル)で優勝した。来夏に延期された東京五輪のメインスタジアムで初めて行われた本格的な競技会で初陣を飾った。2016年リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダルメンバーのケンブリッジ飛鳥(27)=ナイキ=が10秒16で2位。9秒98の自己ベストを持つ小池祐貴(25)=住友電工=は10秒53で8位、18年アジア大会銅メダリストの山県亮太(28)=セイコー=はまさかの予選落ちに終わった。

 ◇ ◇

 桐生選手は予選で軽く流して10秒09。もし同じ条件で決勝を走ったら、9秒台に突入してもおかしくない走りをしていました。

 ただ条件が違いますし、予選からの間隔も短かったので、決勝へのもっていき方が難しかったと思います。試合が続いた上での今日のレースでもなかったし、一本ずつを走るのにエネルギーを消耗するでしょう。難しい面がたくさんあったと思います。

 走りは非常にスムーズで、徐々にトップスピードへもっていった印象で、きれいな流れだったのが特徴的でした。後半に強いケンブリッジ選手に負けたら納得がいかないでしょうし、収穫があったとしたら勝ちきったことではないでしょうか。

 全体として、自己ベストに近い選手や自己ベストを出した選手がたくさんいました。実際に新しい国立競技場を見て、トラックの状態は良く、反発力もありそうでした。風も結構少ない。きっちり調整して、絶好調で臨めば記録は出るのでは、と感じました。(08年北京五輪男子400メートルリレー銀メダリスト、「NOBY T&F CLUB」主宰・朝原宣治)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス