文字サイズ

石川祐希 コロナ対策で“靴裏を手で拭く”ルーティンも改善へ

 バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)=ミラノ=は4日、オンラインで会見を行い、自身の発案で全国のバレーボール選手に新型コロナ感染予防啓発活動を行っていくことを発表した。石川は「今僕たちができることは感染予防の徹底。それをしながらバレーボールを楽しんでほしい」と呼びかけた。

 同日には特設サイトがオープンされ、ガイドブック、ワークシートが無料でダウンロード可能となっている。ガイドブックには石川が実践している予防策が記載されている。石川は「無意識にやってしまう」という靴裏を手で拭く行為についても言及し、「僕の場合はルーティンだった。新しく作るのが一つの改善方法」と対策を明かした。

 スポーツ界では現在、多くの競技団体がガイドラインを作成している。これを踏まえた上で、石川は「自分たちで感染予防をするのが大切」と強調した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス