文字サイズ

羽生、初代最優秀選手賞に「とてもビックリ」 連盟公式ツイでメッセージ動画

 国際スケート連盟(ISU)は11日、新設されたフィギュアスケートのISUアワードをオンラインで開催した。最優秀スケーター賞(MVS)は五輪2連覇王者の羽生結弦(ANA)が受賞し、初代MVSに輝いた。

 受賞を受けて、日本スケート連盟は12日、羽生のコメント動画を公式ツイッターで公開。羽生は「この度はこのような賞をいただけて大変光栄に思っていると同時に、まさか賞をいただけると思わなかったので、とてもビックリしています」と喜びを語った。

 続けて「この賞をいただけたのも、ノービス時代、ジュニア時代、オリンピック、GPファイナルなど、さまざまな場面で応援をしてくださった皆さまのおかげだと、またあらためて思うことができました。いつも応援していただき、本当にありがとうございます」と感謝。

 「今、新型コロナウイルスや、豪雨災害など、大変な状況が続いています。どうかお気をつけてお過ごしください。また、これ以上被害が拡大しないことを祈っています」と語った。

 19-20シーズンの羽生は、12月のGPファイナルで2位。2月の四大陸選手権で優勝し、男子史上初の国際主要大会6冠となる「スーパースラム」を達成した。その後、3年ぶりの優勝を目指していた3月の世界選手権は中止となっていた。

 ISUアワードは一般からのオンライン投票、ISUメンバー、メディアによる投票で候補者リストが決定。最終候補3人の中から、日本の安藤美姫さん、米国のトッド・エルドリッジさんら元フィギュアスケートチャンピオン6人の審査員による投票で優勝者を決定した。最優秀選手賞には羽生のほか、世界王者のネーサン・チェン(米国)、アイスダンスのパパダキス、シゼロン組(フランス)がノミネートされていた。

 羽生のフリー「Origin」がノミネートされていた「最優秀衣装賞」は、チョック、ベーツ組(米国)に譲ったが、2人に対して大きな拍手を送り、たたえていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス