文字サイズ

空手、インターハイ代替試合で表彰 男子グランプリ熊谷「一度は目標失いかけたが…」

 全日本空手道連盟は10日、都内の文部科学省で「全国高等学校空手道 形インターネットGP」のグランプリ選手を発表した。本大会は新型コロナウイルスの影響で中止となった高校総体(インターハイ)の代替大会として高校3年生を対象に実施。グランプリ選手には萩生田光一文部科学相から表彰状とトロフィーが授与された。

 グランプリに選ばれた女子の御殿場西高(静岡)・堀場早耶(17)は「インターハイがなくなってショックで気持ちの整理ができなかったが、支えてくれた方に恩返しできたので素直にうれしい」と終始笑顔。

 男子の世田谷学園高・熊谷拓也(18)も高校総体中止で一度は「目標を失いかけた」というが「素晴らしい大会を開催していただき感謝の気持ちでいっぱい。大学でも続けて将来はオリンピックに出たい」と力強く語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス