文字サイズ

日本相撲協会は緊急事態宣言が解除されても「独自の予防線」各部屋に通達

 日本相撲協会の執行部の親方が22日、会議を開き、無観客での開催を目指す大相撲7月場所(7月19日初日、東京・両国国技館)に向け、話し合った。首都圏の緊急事態宣言が解除された場合の協会員の行動について取りまとめ、各部屋に通達した。同宣言は25日にも解除の可能性がある。

 通達文は以下の通り。「週明けに政府の緊急事態宣言が解除された場合でも、協会員の皆様には、引き続き不要不急の外出禁止、体温管理、体調管理、感染予防策の徹底を継続して行い、今までと変わらぬ日常生活を送るようにしてください。ご不便をおかけしますが、協会員皆様の健康、安全管理の為の予防策でありますので、ご協力の程お願い致します」。

 「新弟子が受講する相撲教習所授業は6月は中止し、再授業日程は未定」。

 「稽古については引き続き出稽古は禁止とし、接触する稽古は師匠の判断において、取り入れていただいて構いません」。

 この日、電話での代表取材に応じた芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「きょうお伝えしていることは、政府の緊急事態宣言が解除されても、協会は独自の予防線を敷いていく、力士の健康と安全管理、次の場所への大きな予防策ということ。解除されたとしても、コロナがおさまったわけではないので」と説明した。

 現在、力士、親方ら協会員が抗体検査を受けており、約1000人が1カ月程度かけて終える見込み。協会は同検査の結果を受け、今後の対応を判断する方針。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス