文字サイズ

森会長、火消しに奔走…メンツ丸つぶれ 高橋理事の「延期」発言で

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(82)は11日、同日に同組織委の高橋治之理事が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内外の一部メディアに大会延期の検討を進める考えを示したことを受け、都内で急きょ報道陣に対応し、火消しに奔走した。予定通りの開催を改めて強調したが、ウイルスという未知の脅威に直面する中、組織委内の混乱を国内外に露呈した。

 衝撃のニュースが国内外を駆け巡った。この日、米紙ウォールストリート・ジャーナルを皮切りに国内外のメディアが高橋理事のインタビューを掲載。新型コロナウイルスの影響で五輪の通常開催が難しくなった場合として「1、2年の延期が現実的な選択肢」と話したことで、これまで「中止、延期は検討していない」としてきた国際オリンピック委員会(IOC)や組織委のメンツはつぶれ、混乱が広がった。

 この日、病院にいたという森会長は、急きょ火消しに奔走。都内で取材対応し「とんでもないことをおっしゃった。(IOC)バッハ会長が言ってるが『あまり火に油を注ぐようなことはやめてほしい』と。私に言わせれば、ガソリンをぶちまけるようなことを高橋さんやめなさいよ、と」と苦笑いを浮かべつつ、不快感を示した。

 高橋理事は報道の中で「現実を踏まえ、対応しないといけない。時間的にも(迫っているので)」とし、IOCには米テレビ局が巨額の放送権料を支払っている事情を踏まえ「中止はない」と明言。延期の場合の実施時期は「早い方がいい」としつつ、1年後は各競技の日程が埋まっていることから2年後が現実的な選択肢との考えを示し、理事として、3月下旬の理事会に提案することも示唆した。

 これに対し、森会長は「今、方向や計画を変えることは全く考えていない」と予定通りの開催を改めて強調。延期の場合は競技会場確保の調整が困難になることなどを指摘し「ウイルスの影響はないとは言っていないし、あると思うが、専門家が対応を考えている。2年たてば北京五輪、4年たてばパリ五輪。延ばしてできるわけではない」と説明した。

 高橋理事とは電話で話し「大変申し訳ない。ちょっと口が滑ってしまった。おわびをしたい」と陳謝されたという。「消極的、悲観的、二次的なことは今は一切考えていないし、考えてはいけない時期」と森会長。ただ、世界が脅威にさらされる中、5カ月後に迫った祭典にも、着実に火種はくすぶり始めている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス