文字サイズ

大迫「終わってホッとしたな、という感じ」日本新の東京マラソン一夜明け会見

会見で笑顔を見せる大迫傑=東京・京王プラザホテル(撮影・中田匡峻)
3枚

 東京五輪代表選考会を兼ねた1日の東京マラソンで2時間5分29秒の日本新記録をマークして日本人トップの4位となり、五輪代表入りを確実にした大迫傑(28)=ナイキ=が2日、都内で会見に臨んだ。自身の記録を21秒塗り替えた快走に「一夜しか明けていないので何とも言えないけど、終わってホッとしたな、という感じ」と語った。

 米国を練習拠点としているものの、今大会に向けて昨年12月から約2カ月半のケニア合宿を敢行。好結果につながったこともあり、「米国にも拠点があるし、ケニアも非常にいいことが分かった。それぞれのおいしいとこ取りではないが、いい部分を生かしながら。何%と何%とは言えないけど、うまく使いながら」と、引き続きケニア合宿を取り入れる可能性に言及。今後は数週間の休みを取り、家族らとのリフレッシュに充てる。

 男子マラソンの東京五輪代表は、昨年のマラソングランドチャンピオンシップで優勝した中村匠吾(富士通)、同2位の服部勇馬(トヨタ自動車)が内定。残り1枠は、8日のびわ湖毎日で2時間5分29秒を上回る選手が出なければ大迫に決まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス