文字サイズ

井上大仁 厚底シューズ問題に「走るのは選手」東京マラソンは日本新記録宣言

 マラソン男子の井上大仁(27)=MHPS=が29日、3週間のニュージーランド合宿から成田空港に帰国した。

 東京五輪代表の最後の1枠を争う東京マラソン(3月1日、東京都庁~東京駅前)に向け「今までになくハイレベルの争いになる」と厳しく分析。「(五輪内定条件の)日本記録以上の走りをする」と活躍を見据えた。

 元旦の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)では、ナイキ社の厚底シューズ「ヴェイパーフライ」で最長区間の4区(22・4キロ)で区間新を達成して波に乗る。東京五輪での厚底シューズ使用禁止が見送られたことを受け「よく靴のおかげと言うけど、走ってるのは選手。記録や勝負に関する思いを強く持ち続けることが大事」と技術だけではないことを強調した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス