文字サイズ

小原怜は13位 五輪代表候補権が消える「自分の甘さが出た」「何も考えられない」

 「大阪国際女子マラソン」(26日、長居陸上競技場発着)

 東京五輪代表の残り1枠を争うMGCファイナルチャレンジを兼ねて行われ、18年大会で初マラソン初優勝を飾った松田瑞生(24)=ダイハツ=が、2時間21分47秒で優勝。設定記録の2時間22分22秒突破した。MGC3位の小原怜(29)=天満屋=は2時間28分12秒で13位に終わった。リオデジャネイロ五輪代表の福士加代子(37)=ワコール=は、25キロ付近でリタイアした。

 松田の設定記録突破によって、昨秋のMGCで3位だった小原の代表候補の権利が消えた。MGCファイナルチャレンジに出場せず、他選手の結果を待つこともできたが、自身が希望して今大会に出場を決めた。しかし、アキレス腱の痛みや直前に風邪をひいたことで、17キロ手前で先頭集団から離脱し、13位まで後退。「自分の甘さが出た」と悔やんだ。レース後も咳が出ている状態だったが「(体が)動かないけど、ゴールまでは行こうと思って走った」と振り返った。

 前回のリオデジャネイロ五輪では、名古屋ウィメンズで1秒足りずに代表入りを逃した。MGCでは2位と4秒差で内定を逃すなど、数秒に泣いてきた。福士は3月の最終選考レースとなる名古屋に出場する予定だが、小原は「今は何も考えられない。白紙です」と涙。天満屋の武富豊監督(65)は「五輪のステージで戦うイメージが見えてなかったのではないか、どれだけ厳しいものなのか」と指摘し、トラックを含めて今後、東京五輪へ再挑戦する可能性は否定した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス