文字サイズ

徳勝龍と正代 優勝した方が殊勲賞 敢闘賞はともに受賞 三賞選考委員会

 「大相撲初場所・千秋楽」(26日、両国国技館)

 三賞選考委員会が開かれ、殊勲賞はともに平幕の徳勝龍(33)=木瀬=と正代(28)=時津風=の優勝した方が初受賞し、白鵬と鶴竜の2横綱から金星を挙げた平幕の遠藤(29)=追手風=も初受賞となった。

 敢闘賞も徳勝龍が初、正代が2場所連続4度目の受賞。新入幕で14日目までに10勝を挙げた霧馬山(23)=陸奥=も受賞した。

 技能賞は基本の押し相撲を徹底して14日目までに11勝を挙げた平幕の北勝富士(27)=八角=13場所ぶり2度目の受賞。技能相撲で場所を盛り上げた平幕の炎鵬(25)=宮城野=もこの日に勝てば3場所ぶり2度目の受賞となる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス