文字サイズ

御嶽海 2勝目も大流血…大関昇進不安も

 「大相撲九州場所・3日目」(12日、福岡国際センター)

 関脇御嶽海が立ち合い、明生の頭を右目に受け、大流血の末に寄り切った。先日、ドネアとの激戦を制したボクシング世界王者の井上尚弥(大橋)と同じ右目上を3センチほど大きくカット。「縫うと痛い。恐怖心?(相撲を)取ってみないと分からない」と不安げ。

 難敵を退け2勝目を挙げたが、成績次第で大関昇進の可能性もある今後に向け、大きな代償を払った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス