文字サイズ

暴行の貴ノ富士が引退「協会の将来に失望」

 付け人への2度の暴力問題で日本相撲協会から自主引退を促されていた十両貴ノ富士(22)=千賀ノ浦=が11日、引退を受け入れたことを代理人弁護士が公表した。代理人弁護士によれば同日、協会に引退届を提出した。

 協会とスポーツ庁には意見書も提出。貴ノ富士が引退に至った心境に関し「協会の将来に失望しました。仮に、今回の処分の不当性が公に認められたとしても、今の協会内、相撲部屋内に私が戻るところはないでしょう」、「協会とのやりとりに疲れ果てましたので引退を決意することを決意しました」などと記した。

 9月26日に協会は自主引退を促す決議。同27日に貴ノ富士は会見し、同決議を拒否する考えを示した。9月30日に師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)とともに協会に呼ばれていたが、貴ノ富士はドタキャン。それ以降、代理人弁護士が協会側と対応してきた。

 部屋での謹慎を科されていたが会見した27日以降、部屋にはおらず、都内のマンションで滞在。師匠も連絡が取れない状態で複数回、マンションを訪れたが、応答がなく接触ができていなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス